【VBScript】のすすめ!簡単に始められる!【楽する努力】

この記事は約3分で読めます。

毎回同じ作業やるのめんどくさいなぁ

と思うことないですか?
僕は3回やったら思います。
ルーチン化すると、だんだん雑になるし、失敗すると『同じ作業なのになんで間違えるの?』って怒られるし、いいことない。

簡単な作業は、目の前のパソコンにやらせとけばいいんだ!
そのための手段として、『VBScript』をおすすめします!

この記事の著者
のら

お家大好きSE

イエスキ

yeskey

プロフィール

都内で働くシステムエンジニア
素早く家に帰るために日々技術を磨いています。
学んだ技術をわかりやすく紹介します! プロフィール詳細

スポンサーリンク

『VBScript』ってなに?

『VBScript』聞き慣れない人にはなんのこっちゃ・・・ってモノかもしれない。
すごくざっくり言うと、エクセルのマクロ(自動で、バーッ!処理してくれるやつ)をエクセル開かずにできちゃうぜ!ってモノ。

なんで『VBScript』がいいの?

『自動化ツール』とかで調べると、『ダウンロード』や『インストール』とか出てくる。
でもね、会社のパソコンでそんなことやる勇気はない。
(やったら怒られるし、怒られないにしても、それでウィルス感染したら・・・)

そこで『VBScript』ですよ。

一番の利点はWindowsに何もインストールせずに使える

これに尽きます!
そして業務的にやりたいことは、ほぼほぼできる。

もうちょっとおすすめポイント言うと、エクセルマクロと似ている ってところでしょうか。
エクセルマクロ(VBA)と大体同じように書けば動いてくれます。
そして、VBAと違って、エクセル一回立ち上げなくていい! 現役ITエンジニアの立場から見ても、『VBSで自動化しときましたー!』ってできる人来たら、『いい人来たなぁ』って思います。

VBA含めて一緒に『VBScript』できるようになれば、IT系でもその他の業種でも重宝されること間違いなしです!
(やっている風に見せかけてサボることもお手の物ですよ!!)

具体的にどんなときに使える?

Windows上でできることは大体出来ますが、僕はこんな風なモノを作ってます。

  • 共有サーバ上に散らばったファイルを読み取り専用(更新されない形)で開く
  • 「xx一覧」みたいなエクセルファイルを、上から順に見ていって、条件に当てはまればメッセージ出力
  • 作った『VBScript』をWindowsのスケジューラに登録して、1時間に一回、勝手に実行
  • Webサイトの情報取得して、テキストファイルに書き出す
  • 他のツール(sakuraエディタとか)と組み合わせて、鬼に金棒

『かゆいところに手が届く』 そんな感じで作ってます。

『VBScript』って時代遅れじゃない?

調べると 『VBScript』は古い とか、もっと新しい 『Python』使おうぜ と書いてある記事が結構ある。
たしかに、ちゃんとシステムとして使うなら、そのほうがいいと思う。
でも、個人的な業務を、

ちょっと自動化したいなぁ

ってときに使うには、何もインストールせずに使えるってすごい利点なんです。
チョチョイって書いて、楽できることが何より素敵!

もうちょい深く書くと、言語って正直あまり関係ないんです。

  • 『これ自動化できれば楽だなぁ』って感じること
  • 『こんな条件で見つけてくればやれるじゃん』って考えること
  • 『これってどんな風に書けばいいかなー?』って調べること
  • 『実際に作って楽できた』って実感すること

これができるようになれば、言語なんて大した違いじゃないと思ってます。
なんなら、『VBScript』で書いたのを『Python』とかで作り直すのだって余裕です。

誰だって楽できたら嬉しい!

めんどくさい作業ってやりたくないじゃないですか。
僕はめちゃくちゃやりたくないです。

ここまで『VBScript』っていいよ!って語ってきました。
でも、正直な所『VBScript』じゃなくてもいいと思ってます。
考え方として、

  • めんどくさい作業は自動化できる
  • さっさと終わらせてお家に帰ろう

これが何より伝えたい!
『VBScript』を、そのための

手段として知ってほしいし、使ってみてほしいです。

  • 実際にどう作るのか
  • どういう風に書けばいいのか

なんかも他の記事で紹介しているので、ぜひ参照してみてください。

タイトルとURLをコピーしました