【VBScript】初めてでも簡単!効率化の始め方

この記事は約4分で読めます。

効率的に作業したいけど、プログラミングとか難しそうだし...
みたいに思ったことないですか?
僕もシステムエンジニアに転職前はよく思ってました。

そんな過去の自分に、効率化の第一歩としておすすめしたい、『VBScript』 を紹介します。

初心者でも簡単に、何もインストールせずに始められる 『VBScript』 の、作り方と実行の仕方を紹介します。
今回はざっくりとした 概要 と実際に 3分タイマー を作るところまでやっていきます。

この記事の著者
のら

お家大好きSE

イエスキ

yeskey

プロフィール

都内で働くシステムエンジニア
素早く家に帰るために日々技術を磨いています。
学んだ技術をわかりやすく紹介します! プロフィール詳細

スポンサーリンク

概要

  • メモ帳だけあればいい
  • ダブルクリックで起動できる
  • 拡張子は『.vbs』にする

これが大きい!
何かを始める時、まず『インストールして』次に『設定』して...
そうなると もういいや!!今のままでもできるし ってなります。(僕はなりました)

  • 大体のことはできる!

簡単だけど、Excelやファイルの操作もお手の物。
システムエンジニアでなかろうと、これを覚えてるだけで作業効率は天地の差!
効率化の第一歩におすすめです。

  • Excelマクロ(VBA)とほぼ同じだからネットに情報がいっぱい!

よくVBSって略されますが、名前からExcelマクロ(VBA)と似てるでしょ?
似てるけどちょっと違う。
でも安心して!ほぼ同じだから!(Excel使うかどうかの違い)
覚えればどっちでもできるようになります。

3分タイマーを作る

まずは新しいテキストドキュメントを作ってください。

右クリック⇒ 『新規作成』⇒ 『テキストドキュメント』

中身はこれをコピペして!

中身を編集で、下記をまるっとコピペしてください。

Dim Start_Time
'3分=180秒
Const Wait_Time = 180

'開始時間取得
Start_Time = Now()

'待つ!(1秒×180)
WScript.Sleep 1000 * Wait_Time

'処理時間表示
MsgBox("3分経過(開始時間:" & Start_Time & ")")

ファイル名を『3分タイマー.vbs』

『F2キー』を押すなり、何でもいいですが、ファイル名を編集。
ポイントは後ろの4文字です。
『.txt』⇒『.vbs』に変えます!

もし拡張子が表示されてなかったら...

表示」タブをクリックします。

[ファイル名拡張子]のチェックボックスをクリックします。

使い方(ダブルクリック!!)

基本はダブルクリックでOKです!
ついでにキーボードから起動する方法もあるので、よかったら下記も見てみてください。

結果

いい感じですね!

エラーが出た時の対処法

いろんなのを作り始めると、エラー出ることあります。
出たときは怯えずに中身を見てみましょう。

これは上のコードで 12行目 の『MsgBox』を 間違って『MsgBoxAA』と入力 してしまった例

中身見てみると、行も書いてあるし、何が違うかも書いてある!

エラーが出たときは慌てず中身を見て見る癖をつけましょう!

最後に

最後まで見ていただきありがとうございます!

どうでした?意外と簡単だったでしょ?

どこでも使える技術として、会社の新人にも空いた時間に教えてます。

『何をしたい!』があれば大体の事はできますが、僕はこんな感じで作ってます。

  • 共有サーバ上に散らばったファイルを読み取り専用(更新されない形)で開く
  • 「xx一覧」みたいなエクセルファイルを、上から順に見ていって、条件に当てはまればメッセージ出力
  • 作った『VBScript』をWindowsのスケジューラに登録して、1時間に一回、勝手に実行
  • Webサイトの情報取得して、テキストファイルに書き出す
  • 他のツール(sakuraエディタとか)と組み合わせて、鬼に金棒

後で僕が参照する資料としても使えるよう、『こういう時どう書く』を記事として追加しているので、他の記事も試しに読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました