【VBScript】処理時間【Timer】

この記事は約1分で読めます。

いくら便利なツールを作っても、処理時間が何時間かかっては使い物にならない。
それを評価する第一歩は処理時間表示することだと思います。

終了メッセージボックスが邪魔じゃない限りは、全て記述する!

この記事の著者
のら

お家大好きSE

イエスキ

yeskey

プロフィール

都内で働くシステムエンジニア
素早く家に帰るために日々技術を磨いています。
学んだ技術をわかりやすく紹介します! プロフィール詳細

スポンサーリンク

コード

Dim Start_Time
Dim End_Time
Dim Proc_Time

'メイン処理(VBAの場合は下記コメントアウト外す)
'Sub main()
    Call startProc
    Call endProc
'End Sub

'開始処理
Sub startProc()
    '開始時間取得
    Start_Time = Timer
End Sub

'終了処理
Sub endProc()
    '終了時間取得
    End_Time = Timer
    '処理時間計算
    Proc_Time = End_Time - Start_Time
    '処理時間表示    
    MsgBox( "終了(処理時間:" & Proc_Time & ")" )
End Sub

処理結果

VBA と VBScript で違いはある?

どっちも同じソースコードで処理できる!

タイトルとURLをコピーしました