【WinMerge】標準プラグイン(COBOL行頭連番無視)

この記事は約1分で読めます。

COBOLのソースコードを差分比較する場面があった。
Diffツールは色々あるが、僕はWinMergeを使う場面が多いので、その際の設定を紹介!

この記事の著者
のら

お家大好きSE

イエスキ

yeskey

プロフィール

都内で働くシステムエンジニア
素早く家に帰るために日々技術を磨いています。
学んだ技術をわかりやすく紹介します! プロフィール詳細

スポンサーリンク

問題点:行頭連番のせいで変更行以降が差分

COBOLは行頭に6桁の行番号を振ることが多い。
そのため、WinMergeで普通に差分を取ると変更行以降すべてが差分になってしまう。

プラグイン適用前 行頭6文字により、比較できない
プラグイン適用後 行頭6文字を無視して、比較OK

解決法:標準プラグイン『IgnoreColumns』で無視

WinMergeの標準プラグイン『IgnoreColumns』で対応する方法を紹介する。

『プラグインタブ』⇒『プラグインの設定』
『比較前処理プラグイン』⇒『IgnoreColumns.dll』

『レポート生成』でも行頭6文字無視した形で出力されるので、差分をとっておく際にも使いたい。

そもそもCOBOLの案件が少ないが、既存システムの改修などのプロジェクトでは、まだまだ触れることもある。

その際に、使えると意外と重宝する。

タイトルとURLをコピーしました